2018年05月15日

「ブラックペアン」にハマるアラフィフ女子の巻!

「ブラックペアン」にハマるアラフィフ女子ってどうよ?

→それは私です(女子じゃないか、笑)。


Screenshot 2018-05-14 at 13.27.35.png

画像:TBS公式サイトから引用



私世代は、何を隠そうトレンディドラマ(今や死後?!)大好き♪

月9全盛、W浅野に今井美樹にキムタク、山口智子。

あっ、吉田栄作のジェットコースタードラマも忘れちゃいけません。


最近はテレビ離れが進んでいるそうで、若者はユーチューブに走り、テレビはバラエティしか見ないらしいですね。

そのせいなのか、最近のドラマは50オーバー向けが多い気がします。

定番の警察モノは右京さんは当然、科捜研とか捜査9係、あと斎藤工やディーン・フジオカで熟女狙いとかね(笑)。


閑話休題、ニノが主演で話題の「ブラックペアン」。

この枠はファミリー層を狙っているから、色々な年代に人気がある役者さんを集めている感じ。

嵐もニノも好きじゃないけど(SMAP世代だし〜)、毎回見てますよん。

視聴率は12〜14%あたりで推移しているようで、思ったほど良くない印象です。


もともと「チーム・バチスタ」や「ジェネラル・ルージュ」が好きで見てたので、同じ海堂尊さんの作品と知って楽しみにしていたのでした。

原作が映画化・ドラマ化されると、「原作のがダンゼン面白い」という方が多いですよね。

ですが、活字が苦手でテレビ大好きな私は、「ドラマ化→原作を読む」が定番パターン^^;


「チーム・バチスタ」は映画・ドラマと両方見ましたが、ドラマの方が面白かった!

中村トオルの白鳥はすごく良かったし、チビノリダーのグッチーもナイスキャスティング。

それに比べて、映画の竹内結子は全然良くなかった。

そもそも、グッチーを女性に設定って原作ねじ曲げ過ぎじゃない?(-_-)
(一応、原作も読んでみました)

あっ、ちなみにグッチーは今回「ブラックペアン」に研修医として地味ながら登場していますよ。


「ブラックペアン」は、内野さんや竹内クンが出ていて豪華キャストですよね。

日曜21時のドラマと言えば、「半沢直樹」以来、毎回ちょっと珍しい人を起用していて面白いです。

今クールも、歌舞伎枠(市川猿之助)、役者以外枠(加藤浩次、アヤパン)、二世枠(趣里→水谷豊と蘭ちゃんの娘)と健在。

キャスティングについて欲を言えば、院長と婦長は別の役者さんはちょっと小粒というか、ギャラの関係でしょうか?

志垣太郎は懐かしいですけどね。

そしてビックリしたのは、婦長役の神野三鈴さんのダンナさんは、なんとジャズピアニストの小曽根真さんではないですか!

この女優さんって誰?って思って調べて驚きました。

小曽根真さんは結構好きでCDも持ってるんですよね。

世間は狭いと思っちゃいました!(例えがちょっと違うか…)


なんてことを思いつつ、ついつい毎週見ていますが、ニノはどう見ても天才外科医には見えないんですよね〜

演技は決して下手じゃないのに、なぜなのか?小柄なのもあるのかな?(倍賞美津子と親子なのも、なんだか違和感あるのは私だけ?)

内野さんや小泉クンの方が、ずっとデキる医者っぽい雰囲気が出ているしー。


そして、アヤパンイイ感じ〜

内野さんとの会食シーンは、相棒の高樹沙耶&鈴木杏樹タイムに匹敵するお約束シーン!

これがないと、どうも物足りなくて(笑)。


竹内くんは研修医と言えども、これだけオドオド動転するものなのでしょうか?

世の中のお医者様たちに、ぜひ聞いてみたいものです(^^ゞ

来週も楽しみです♪


と、とりとめもなくドラマトークを書いてしまいましたが、最後までお読みくださりありがとうございました黒ハート




▼ブログランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイルのある暮らしへ

 



タグ:ドラマ
posted by さちな at 07:12| Comment(0) | エンタメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]